Resources
>
ECPower活用方法
>
【Tips】Easy Taggingで顧客タグ・注文タグを充実させる
【Tips】Easy Taggingで顧客タグ・注文タグを充実させる

【Tips】Easy Taggingで顧客タグ・注文タグを充実させる

はじめに

この記事では、ShopifyアプリのEasy Taggingを利用して顧客タグ、注文タグをShopifyの購買データに付与する方法を解説します。顧客タグや注文タグを適切に付与することで、ECPowerで作成できる顧客セグメントのバリエーションが多くなります。

Easy Taggingアプリをインストールする

Easy Taggingアプリは、月毎に付与するタグの個数によって料金が変動します。

15日間の無料トライアルがあり、2,000タグ/月までなら月額4.99ドルで使用が可能です。

Easy Tagging - Add tags to your orders, products and customers automatically! | Shopify App Store

アプリ詳細とインストールはこちらから。

タグ付与ルールの作成方法

① Rulesタブから Create Rule を選択します。

② Create New Empty Rule を選択します。

③ タグ付与のルールを指定して Save を選択してルールを保存します。

Name ▶︎ ルールの名前を指定します

Type ▶︎ Orders, Customersの中から選択します。それぞれ注文タグ、顧客タグに該当します

WHEN criteria IS MATCHED ▶︎ ルールの適用条件を指定します

THEN APPLY ▶︎ 付与するタグ名を指定します

※ この段階ではルールを作成するだけで、実際にタグは設定されません。タグの設定方法は以下「過去データに一括でタグを付与する方法」「今後のデータにタグ付与ルールを適用する方法」で説明します。

過去データに一括でタグを付与する方法

① 「タグ付与ルールの作成方法」で作成したルールにチェックを入れて Apply Rules を選択します。

② タグを付与する対象期間を設定して Start All を選択します。StatusがDONE!になれば完了です。

※ Are you sure you want to apply the selected rules now? Important: This can't be reverted. というメッセージが出ますが、この最終確認においてOKをするとタグが適用されます。

付与されたタグは Tags Applied History で確認できます。

今後のデータにタグ付与ルールを適用する方法

① Schedules タブにて CREATE を選択します

② タグを付与する条件を設定して Save を選択します。

Rule ▶︎ 「タグ付与ルールの作成方法」で作成したルールを選択します

Frequency ▶︎ タグ付与をする頻度を選択します

設定したタイミングでタグが付与されたかどうかは、Rule Tasks History や Tags Applied History で確認してください。

Author
ECPower Inc.

顧客セグメント管理ツール"ECPower"を開発・提供する株式会社ECPowerがこの記事を編集・監修しています。ECPowerの運営および、EC事業者に対するLTVグロース支援・リピート育成支援の経験を踏まえたコンテンツをお届けいたします。

ON THIS PAGE