Resources
>
ECPower活用方法
>
【セグメント作成例】クロスセルを提案する
【セグメント作成例】クロスセルを提案する

【セグメント作成例】クロスセルを提案する

はじめに

この記事では、「クロスセルの提案」を目的としたECPowerの顧客セグメント作成例と、マーケティング施策のアイディアについて説明します。

クロスセルは、平均購入単価を向上し、LTVの改善に貢献する施策です。ECにおけるクロスセルについてはこちらの記事で詳しく説明をしています。

特定の商品をあわせ買いしたことがある顧客セグメント

1つの注文の中で、指定した商品をすべて購入(あわせ買い)したことがある顧客のセグメントです。

いくつかの売れ筋商品を中心にあわせ買いの顧客セグメントを作成してみて、どの商品のあわせ買いが多いかを確認してみましょう。

特定の商品を両方とも購入したことがある顧客セグメント

「特定の商品を両方とも購入したことがある顧客」は、1つの注文内かどうかは問わず、両方の購入経験がある顧客になります。似ていますが、意味が異なりますので注意してください。

マーケティング施策例:

  • あわせ買いを対象としたクーポンを配布する
  • 組み合わせて使うことによるメリットなどを訴求する

参考記事

このほかのセグメント作成例は、こちらのページでまとめています。

ロイヤル顧客を育成するためのカスタマージャーニーの作り方や、RFMセグメントの考え方についてはこちらの記事で説明しています。あわせてご参考ください。

Author
ECPower Inc.

顧客セグメント管理ツール"ECPower"を開発・提供する株式会社ECPowerがこの記事を編集・監修しています。ECPowerの運営および、EC事業者に対するLTVグロース支援・リピート育成支援の経験を踏まえたコンテンツをお届けいたします。

ON THIS PAGE